« XII.最終編2:最終決戦。 | トップページ | XII.最終編4:ヒトミ、キレる。 »

XII.最終編3:衝撃の真実。

死闘と呼ぶんだろうか、たいした修羅場も踏んでないぼくにはわからない。
でも、さすが、12人の最後に登場するだけのことはある。

全身に力が入らない。
トライアスロンでゴールしたあとに、オナニーするくらい疲れている。
もちろん、トライアスロンなんて、やったこともない。ぼくのイメージで「めちゃすごく」を言い換えたに過ぎない。
ただ疲れが、どぼどぼとカラダからこぼれている。

おなかすいたなあ、お寿司食べそこねちゃったなあ。
大好き1位ねぎとろ、2位カニサラダ軍艦、3位のタマゴ焼き、4位の・・・と考えながら、服を着ていると、グ~っておなかが鳴った。

「・・・ヒトミ」
元オネーサンが目を開けた。

おなかのグ~で起こしちゃったかな、ごめんなさい。それにしてもだいじょうぶかな?めちゃすごく(トライアスロンで、以下略)苦しそうだ。

友情か、もしかしたらそれ以上のものが、胸をよぎる。
ふしぎだな。この人せいで散々な目にあってきたのに、すべてを許せている自分がいる。

今日はふしぎな感覚デーだ、いや夜だからふしぎな感覚ナイトだ、って完璧にどっちでもいい。たぶんこういうの、愛憎って言うんだ。火曜サスペンスで見たことがある。

「・・・おめでとう」
スタンプカード!最後のひとつが、あざやかな朱色で押されている。

やったあああああああーーーーーーーーーあ!スタンプが12個、ついについについに!
あれ、元オネーサン、これまで見せたことがないような、慈愛に満ちた笑顔。

「大きくなったね、ヒトミ」
大きくなった?ピエールのこと?←まっ先に、こう考えるクセがついている。

「わたしの、誇り」
わたしの?誇り?ぼくは、元オネーサンのもの?

こればかりはいつものように、ぼくの疑問にはもちろん答えないで、満足したようにゆっくり目を閉じた。
それにあわせるように、天井の照明がおちた。
再び、暗闇のブドーカン。

いきなりはじまるピアノ曲のイントロ・・・これは「冬のソナタ」?
いったい、なにがはじまるのだ?
しばらく続く音楽、「あれ」とは微妙にちがう。。。たぶん著作権の関係で、似せてつくった曲だ。そんなことどうでもいい。

そして、ぼくの10メートルくらい先に、天井からのピンスポットライト。
その中に姿を現した、一人の・・・一人の・・・やったやったやったやったぁーー、
「おかあさん!」

「元どおり、元気になったんだね、もうケガは、だいじょうぶなんだね、またいっしょに暮らせるんだね、ぼく、ぼく、ぼく・・・(涙)」
おかあさんは、事故の前とおなじ、やさしい笑顔でうなずいている。

「どこの悪魔さんかなんか知らないけど、あの約束、いまこの瞬間まで、半信半疑だった。ありがとう。約束守ってくれて、ありがとう」
ぼくは、暗闇の中めがけて、声を張りあげた。
そして、エンディングが、はじまった。

「その人は、最初からケガなどしておらーん」
太い男の声が、ホールにこだました。

ぷぁぱっぱらぱぱっぱぱぱぱらっぱらぱっぱらっぱぱっぱらぱっぱっぷぁっぱーーー。
もったいぶったファンファーレが、鳴り響く。
これまでの人には、電気代ケチっててごめんねー、ってくらいのあふれる光の中、紋付はかまのオジサンが、ステージの上に現れた。

「クルマにはねられてもいないし、入院もしていない」
じゃ、あの、面会謝絶の部屋は、なんだったんだ?

「そもそも、あの病院自体、存在していない」
えっ、それどういうこと?否定形の多いオジサンだな。

「しかもその人は、オマエのおかあさんではない!」

なんだ、このオヤジ、わけがわからない、この人がぼくのおかあさんじゃなければ、なんなんだ?
このバカオヤジ!って、ふとおかあさんを見ると、しくしく泣いている、肯定するように。
どうしたの、おかあさん、ちがうって言ってよ。

「あと、男はやたらと泣いちゃダメだ」
、、、すみません、気をつけます、でもなんで知らないオジサンから説教・・・@深夜のブドーカン。

「さらに、わたしは悪魔さんではなーい」
じゃだれ?だれでもいいけど。

「オマエの父だ」
チチって、どっちの乳だよ(←まっ先にこう考えるクセリターンズ)って、チチ、ちち、父ィーーーーー?!おとうさん。。。

そして、「わたしが、おかあさんよ」。オジサンの隣の女の人は、泣いている。
おかあさん(復活)と、おとうさん(主張)と、おかあさん(主張)。
なにがなにやら。

「ある重大な事情があって、わたしたちは、オマエと別れなければならなかった。ヒトミ2歳のとき」
2歳・・・あの子供?フレディから伝わってきた、あの映像の中のぼく?

「わたしたちは、たいせつなオマエを、そこにいる女性に託した」
おかあさんを、指差してる。あの映像の中のおかあさん・・・覚悟をきめた顔をしていた。

「つまりこの二人の女性は、生みの親と、育ての親。ふつうの人の2倍だぞ、ツイてるな、ヒトミ」
ぼくは、気になることを質問してみた。
「あの別れのシーンにいた、ぼく以外のもう一人の男の子は、だれですか?」
「それは、ヒロミ。オマエが『神社のオネーサン』と呼んでいた人だ」

またあたらしい、ピンスポットライト。
その光の中には、もちろん神社のオネーサン。

「そして、オマエの実の兄だ」

なにいいいいいいいいぃーー兄アニあにいいいいいいいいいぃーーーーーぃーぃーぃー!

オネーサン→オニーサン、にっこりウインクして、
「ヒトミ、気持ちよかったよ、また遊ぼうね」
遊ばない遊ばない。
、、、、、脳が、ミートソースになった感じ、しかも缶詰の。なにがなにやらわかりません。

まだ無邪気に、おとうさん、とは呼べないから→おとうさん(仮)が、2歳のぼくを手放すこととなった「重大な事情」を語りはじめた。

姉小路家は、平安時代から続く名家で、おとうさん(仮)で、35代目になる。しかしその家系には、これまた平安時代から続く大問題があって、満22歳になると性の転換が起きるのだ。つまり、男は女に、女は男に。なんの前ぶれもなく、突然、断りもなく、うむを言わせず、例外なく。

「まあ、自分が納得すりゃ、どっちでもいいんだよ、男でも女でも。私のときは、気にならなかったし、むしろ2倍楽しいし」おとうさん(仮)、ライトににこにこ笑っている。
しょうゆラーメン頼んだのに、塩ラーメンが出て来た、くらいライトな感じ、って、ヒトミくん、たとえ話考えている場合ではない。

そうなのかな、そうなんだろうな、そうならいいけどな、ぼくもそうなっちゃうのかな。

「だから、うちの家族は、みんな、男女どちらでも使える名前になっている」
ヒトミ、ヒロミ、おとうさん(仮)、「わたしは、カオル」、おかあさん(仮)、「わたしは、マサミ」。

「でも、難関は結婚。家系を絶やすわけにはいかないし、そうなると、子供もつくらなきゃならない。名家だけに、ばかばかしい世間体もある。男から女に変わったら、そんじゃ相手は男ねー、ってわけにはいかない。男と男じゃ、子供がつくれない」
なるほど。

「とは言え、女になったら、女の人と結婚するとヘンだろう?だから相手は、やっぱり同じように、男女が入れかわる人じゃなければならない。そんな家系が、日本中にかろうじて17家残っている。その中で、なんとか、結婚したい人を見つけなければならない、無理にでも、妥協しても、好みじゃなくっても、年が離れていても。サンプル数が少ないからねー、なかなか思うようにはねー」
たしかに、たいへんそうだ。

「ま、わたしとおかあさんは、運命のエンドレスラブだけどね」と言って、ぶちゅううう、と、おとうさん(仮)とおかあさん(仮)、DEEP<DEEPER<DEEPESTキス。

仲いいんですね、なによりです、お好きなように、はいはい。。。おい、ちょっと待てよ、、、満22歳で男女入れかわるんですよね、入れかわった同士結ばれるんですよね・・・
 
 
つづく

|

« XII.最終編2:最終決戦。 | トップページ | XII.最終編4:ヒトミ、キレる。 »

コメント

ドキドキ…!

投稿: ある女 | 2008年2月13日 (水) 01時20分

わぉmoon3

投稿: | 2008年12月12日 (金) 22時36分

めっちゃ ドキドキshine

投稿: 梨歌 | 2008年12月12日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XII.最終編2:最終決戦。 | トップページ | XII.最終編4:ヒトミ、キレる。 »