« XI.サクラコ編3:ヒトミの作戦。 | トップページ | XII.最終編2:最終決戦。 »

XII.最終編1:ヒトミの卒業式。

そう、ぼくはいま、「卒業パーティー」に向かっている。
「午前0時スタート」と、招待状には書かれている。
ずいぶん遅いスタートだ。

「準備の都合があるので、30分前には会場に来てください」
なにを準備?卒業生からのスピーチとか、あるのかな?
「卒業できればの話ですけどね」

ぜったい卒業してみせる。そして、おかあさんを、元どおりにしてみせる!って、そもそもぼくは、どこにいつ入学したんだろ?
とにかく、同封の地図を頼りに、会場へ向かう。

指示通り、30分前。九段下から坂を上って、
「たぶん、このあたりのはず・・・」
ふと、ぼくの視界を埋めつくす建造物・・・ブドーカン?ブドーカン!

「ヒトミくん卒業パーティーは、こちら→」の張り紙。
やっぱり、ここだ。ほかにだれか出席するのかな?

関係者入り口のドアを開けて、月明かりを頼りに、廊下を歩く。
やがて、ホールの入り口へ。そーっとドアを開けてみると、ありゃ、ここも真っ暗だ、どこでどうすりゃいいんだろ?

そのときだ!
一面に畳が敷きつめられた、広いホールの真ん中に、ピンスポットライト。
よく見ると、神社のオネーサン!
「招待状は、届いたようね」

天井からのライトで、顔に、しまの陰影ができて、歌舞伎のくまどりみたい。
つまり、コワいです、いつもより。

「卒業パーティーは、あとのお楽しみ。まずは卒業試験に、パスしなきゃね」
準備って、その30分、か。

オネーサンは、スタンプカードを投げてよこした。
このオネーサンと、深夜の神社で会ったときから、この冒険ははじまった。
スタンプカードを見ると、はじめのころ、ツバサさんやアユのころのハンコは、色があせてしまっている。

長い旅だった。11個のスタンプひとつひとつが、ぼくが生きてきた証だ。
いろいろな女性がいた・・・みんな、喜びも悲しみも悩みも夢も抱えて、生きていた。
その、ひとつひとつと向き合うことで、ぼくはつよくなれたような気がする・・・。

「あのね、ヒトミくん、そんなうっとりした顔で、感動のグランドフィナーレをセルフ演出してる場合じゃないよ」
、、、すみません。

「あと、思い出しダチ、してるよ、キミのピエールくん」
ピエールって名前つけてくれたのも、オネーサンだ。

「キミ、やり残していることが、あるでしょ?」
「そういえば、いちどもイッてないしなぁ」
「そんなことじゃなくって」
「わかってますよ、もちろん」ああ、わかってるさ。

スタンプカードに、ただひとつの空欄・・・。
「だれですか、最後の一人は?」

オネーサン、さっきにも増して、妖気大盛で、
「目の前にいるじゃないの」
えっ?

「わたしじゃ、ご不満かしら?」
来たね。
「わたしアゲイン。わたしリローデッド。わたし大好評につき、キャンペーン再び!」

、、、大好評ではないですが、そうそう、神社では、あやうくイキそうになっちゃったんだ、♪まあるい緑の山手線、を思い出さなければ。でも、あれからぼくも、成長している。はず。

「ぼくも、もういちどくらいならシテもいいなって、思ってたところです」
「ウンッモー、ジョートー言えるようになったねー。不愉快!」
あわわわ、、、怒った?

「とにかく、ここまでは、よく来れた。でも、卒業パーティーは、きっと中止になるわ!」
ほんとに怒ってる、指ポキポキやってる、帰ろかな。。。

「&キミ、招待状を、ちゃんと読んで来なかったようね」
なんだろ?

「正装、って書いてあったはずだけど」
今日のぼくは、一着しかない黒いスーツに白いシャツ。
精一杯なんだけど、これ・・・あ、ネクタイか。

「このあいだ友達にネクタイを貸して、まだ返してもらってないんです」
オネーサン「そんなこと言ってるんじゃなぁーい!」
今日はやたらと怒りっぽいなぁ。

ぼく、「ごめんなさい、でもこんなのしか、持ってないんです」
「持ってるはずよ」
ぼくが、正装の服を?

「どんな高価なものでも、豪華なものでも、服など、しょせん虚飾。そんなもので人の目をあざむくよりも、ありのままの自分のすべてを、さらけだす。それが、男の生きる道。ならば、これ!ハダカこそが、男の正装!!!」

オネーサン、いきなりいっきに、着ていた服を脱ぎ捨てた、見事に男らしく、、、って・・・・・・エッ・えっ・エッ・ええエええエぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
うわっうわっうわっ、、、、、、、、、つい、て、るん、です、が、ぼく、と、おなじ、モノ。。。

「さあ、立ち上がれ、フレデリック14世!」
、って、あのーソレのことですか?っていうか、もう立ち上がってるし。
でも、ぼくのには、ピエールってのんきな名前(ごめん、ピエール)つけといて、ご自分のには、フレデリック14世(以後、フレディとする。フレチンも、可)ですか、あーそーですか、いいお名前ですね←いじけている。

オネーサンのきれいな顔の、数10センチ下で、ドッカンズッカンそびえている物体。。。シンプルにフクザツ。このオネーサン、というか、オニーサン、もー、フクザツ(以後、元オネーサンとする。オネチンも、可)いったい、なに者?

「ヒトミィっ!」
仁王立ちする(本体も、オトモダチも)その様子は、まさしく阿修羅だ。美しく、気高く、そして、まぎれもなく男。

「ちょっと聞くが、コレ(フレディ)ついてたら男か?」
こっちが聞きたい。それついてたら、男ということになってるんじゃないのか?

「カラダが男で、ココロが女だったら、男か?」
それは難しいなあ。

「ニワトリが先か、卵が先か?」
それは難しくない。完璧に、どっちでもいい。

「アレのことは、明記を避けて、ち〇ち〇と書くべきなのか?」
、、、たぶん。

「〇ン〇ンでもいいのか?」
カタカナになってるけど、たぶん。

「18歳未満は、セックスしちゃイケナイのか?」
個人的には、べつにいいと思うけど。でもやっぱり、モテるやつうらやましいから禁止。

「80歳以上は、セックスするとヘンなのか?」
人それぞれ、じゃないかなあ。

「イチロウが、区役所の戸籍係だったら、どうなのか?マイケル・ジョーダンが最初にプロになったのがバスケットボールじゃなくて、野球だったらどうなってたのか?みのさんがNHKのアナウンサーだったら、どうなってたのか?」
元オネーサン、もうぼくの答えを、求めていない。自分で自分に、問いかけているようだ。

「人には、人それぞれの場所がある。いちばんの場所がある。たいせつなのは、探すこと。そして自分で、選ぶこと」

なんかよくわからないけど、よくわかる。
ぼくは、考えこんでしまった。求めなくても、与えられたもので生きてきた。その場所が自分の場所なのか、自分にとっていちばんなのかを疑いもしないで、生きてきた。
でもさいきんは、そうじゃない。

ぼくは、なんなんだ、誰なんだ?
ぼくは、なにができて、なにができないんだ?ぼくはどこから来て、どこへ行くんだ?
知りたい知りたい知りたい。

「あなたは、それを見つけるために、ここにいるの」
そうだといいな。

でも元オネーサン、いったいなにを語らんとしているのだろう?
(実は、その発言の中に、ぼくの最大のヒミツが隠されていた。ぼくはまだこのとき、それを知るよしもなかったのである)

つづく

|

« XI.サクラコ編3:ヒトミの作戦。 | トップページ | XII.最終編2:最終決戦。 »

コメント

元オネーサン、めちゃくちゃだけど、良いこと言うなぁ~。
いよいよ佳境(>_<)。はやく続きが読みたいけど、終わっちゃうのは寂しいなぁ…。

投稿: ワンワン | 2008年2月 5日 (火) 21時32分

・・・フレンチ不可。

投稿: アヤナミ | 2008年2月 6日 (水) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XI.サクラコ編3:ヒトミの作戦。 | トップページ | XII.最終編2:最終決戦。 »