« X.ソフィア編3:わかりあいたい。 | トップページ | XI.サクラコ編2:フクザツな再会。 »

XI.サクラコ編1:チェリーの問題。

欲求不満なんだ、ぼく。
って単刀直入なんですが、単刀を直入したいんだ、って単刀直入スパイラルですが、まあ、そうなんです。イレるには、イレている。確かに。でも、出してはいない。
モロダシの言いかたですが、ダシてはいない、ってモロダシスパイラル。

だって、「例の女」ばかりなんだもん。出しちゃいけないんだもん。
それ以外に、そういうきっかけ、ないんだもん(号泣)。
というわけで、大人っぽい対応をとることにしました。21歳。

クロートのオネーサンに、お願いしようというのです。さすがだ、ヒトミの依存心。
なにごとも経験だしね、ソープってとこもね(自己言い訳)。
ネットで思いっきり(3日徹夜)調べて、
① 怖そうじゃないところ。
② 高くはないが、安すぎず(安すぎるものには理由があるのよ、って、おかあさんの言葉、こんなタイミングで思い出して、ごめんなさい)。
③ クレジットカードで分割にできる(せこ)。

で、決めました。「大奥パート2」将軍様、どうぞ奥の奥まで(キャッチフレーズ)。
腰元プレイ、が名物だそうだ。帯持って、グルグルやって「あ~れ~」ってやつ。
ぼくはやらないけど。たぶん。

とりあえず、予約の電話。プルルルル。
「はい、毎度ありがとうございます。お客様は、将軍様。大奥でございます」
これが、決まり文句なんだろう、このオジサン。

「すいません。予約をお願いしたいんですが」
「予約でございますねー、当店は、おはじめてでございますかー?」
「はじめてのはじめて、です」

「はじめてのはじめて様、でございますねー、だいじょうぶでございますよー、はじめてのはじめて様も、当店では将軍様でございます」
将軍タイプじゃないしなあ・・・ぼく。

「どのようなタイプをご希望ですかー?」
「いつも笑顔でやさしくて、でも芯が強い人」
「あのー、結婚相手とかそういうなのじゃございませんでー」
「じゃ、テキパキと動けて、ぼくを引っぱってくれるリーダータイプの人」
「あのー、当店、運動部ではございませんでしてー、まあ広い意味の運動はやりますけどー、ぐふふ」
自分でウケてる。

「では、テキトーに選んでおきますのでー」
テキトーでもなんでもいい、「例の女」じゃなければ。
予約は、来週の月曜日。月曜日は、半額サービス。雨なら、さらに半額。

残念、当日はヌケるような(そういう意味じゃなくって)晴天。
目的地は、ベルサイユ(ソープ)とホワイトハウス(ソープ)の間にありました、大奥パート2。
「わからなかったら、お電話くださいねー」って、わかりますよ、だってピンクの天守閣の建物。。。
「あのう、すみません」

大奥の奥(ややこし)から、不機嫌そうなオジサンが出てきた。
「アンタねえ、30分遅刻だよ」

ありゃ、やっちゃったか、でも・・・そうだっけ?
「まあいいから、そこの中で待ってて」と、玄関脇の部屋を指さす。

入ってみると、小さな事務室みたいなところ。こういうとこ経験者の友達に聞いたら、
豪華な待合室があって、お酒とか出してくれて、とか聞いてたのに、えらい違いだな。。。やっぱりビギナーは、ここからスタートしなきゃならないんだ。
5分後、事務室にオジサンが入ってきて、ぼくの前に腰を下ろした。

「先週電話くれた人だね?」
「はい」

オジサン、鼻毛抜きながら、
「なんでウチ来ようと思ったの?」

理由を聞かれるとは、思っていなかったけど、
「正直に言うと、イキたいんです」
「はぁん?」
「出したいんです」
「なにを?」
「なにを、って、ネバ液、、、ですか?」
「ネバ液、って、アレのか?」
「ネバ液って、アレ、のです」

「ぶぁっかむぉーーん!シタいなんて、100年早いわっ!!!」
オジサン、ヅラづらしながらの、大激怒。縮みあがる将軍様、のはずのぼく。

「オレだってなあ、この商売25年やってるけど、一回もオネーサンに手ぇ出したこと、ねーんだぞぉ!」
そういうことじゃないんだけど、なんか言ったらまた怒られるので、あやまる。ヒトミ流。
「ごめんなさい」よわ。
「とにかく、これに記入しろ」って一枚の紙を手渡される。
名前、住所、履歴を書け、と。

こんなことまで、ビギナーはしなきゃいけないんだ、ま、しょうがない、半額の日だしな、それにしても、カラオケで得意な歌まで書くのか、、、あとで歌うのかな?

「オマエ、アホか?」
なんだ、いきなり!?

「自分の名前、間違えてるぞ」
どゆこと?
「姉小路って、どこのお公家さんだよ、バカ。お前の名前は、ウエダだろ?ボケ!」
あ、そうか、ぼくはウエダなんだぁ、って、いつから?

「あのぉ、ぼくウエダじゃないです。ほんとうに、姉小路といいます。姉小路ヒトミ。
ほら、これ」と、定期券と、クレジットカードと、AVしか借りたことのないビデオ屋さんのカードを見せたら。
「ア・ネ・コ・ウ・ジ・ヒ・ト・ミ」
って、たしかめるように読んでみて、
「あ、あ、あ、ご、ご、ご、めん、めん、めん。バイトの面接に来た高校生じゃないのね?」

ぼくは、高校生に見えるのか?それより、高校生が、こんなとこで働くのか?
「ぼくは、今日予約した、お客です。はじめてだけど(←言い訳の必要なし)」
「お客様ァ!もう、ほんとうにイジワルなお客様でございますよ、もう、どちらの貴族のおぼっちゃまかと思いましたよ、まさかこんなみすぼらしいソープに来ていただけるとも思わず、わたしとしたことが」
そのみすぼらしいソープの、半額の日に来ているのですが。

「貴族も、閣下も、殿下も、大統領も、お客様は、みなさま将軍様。大奥でございます」
もうわかったよ。

「では、上様、今日の姫を、お選びください」って言って、アルバムを持ってきた。
写真を見せてくれるらしい。

「選んどいてくれるって、言ってたのに」
「はて、そうでございましたっけ?」
すっとぼけてる。

パンジーさん。クッキーさん。ジェニファーさん。サンディーさん。
みなさんキレイなんだけど、あのこれ、写真に修正入れてません?
しかも、修正してもバレるくらい、みなさん、立派にオネーサンのような、つまり年齢が・・・のような。

「この人たち、おいくつなんですか?」
「パンジーさんは、25。クッキーさんは、26。あとの二人は、27」
もうすこし上に見えるけど・・・。

「プラス10!」
やっぱり。

「以上!」
なぬーーー!

「年上がイヤだってわけじゃないけど、ですね、あの、その、、、」
「だってお客様、リーダータイプがいいって、おっしゃってたじゃないですか」
やっぱ、覚えてるじゃん!

「サンダさん、いい人ですよ」
「サンダさん?」
「あら、間違えた。サンディーさん」
「サンダさんなんだ」
「三田秀子」
、、、普通の名前。ちなみにジェニファーは、銭田さん。

「じゃ、この人、チェリー、あ、どうしようかな、うーん、じゃ、やっぱり、うーん」
一枚、写真を隠してる。見せてくださいよー。
「チェリーさんは、3日前に入ったばかりの超新人で、しかし、ちょっと問題が、・・・見ます?」
見ます見ます。

うわあああああ、キャワイイイイイイーーー、じゃないですか!隠してるなんて、ひどい。
「実物は、もっとカワイイでございますよ」
ほんと!?

「でも、チョト、モンダイ、アルね」
なぜか、古い中国人風。
「少々の問題なら、慣れているし」
「少々じゃ、ございませんよ」

「すごい年だとか?」
「このコは、正真正銘の19歳」

「男だとか?」
「それはない」

「子連れだとか?」
「それもない」

「全身イレズミだとか」
「それもない」

「後頭部に、もうひとつ口があるとか」
「そうです」
「ギョヘー!」
「ウソです」びっくりした。

「わかりました。今日は、お代はいただきません」
ほんと?でも、それくらいの問題、ってことなんだろう。
「でも、あとで文句を言わないでくださいませね」
はーい。

ダメだったら、よそ行けばいいや、くらいの気持ちでいたのだが、ところが。
「ちょっと待っててね」とオジサンがいったん大奥の奥(お気に入り)に引っ込んでつぎに大奥の表(それほど気に入っていない)に出てきたときは、白馬を引いて現れた。

ぼくは、将軍様なので当然だ(か?)それにまたがって、大奥の奥(お気に入り)に行くのだ。そして、ある部屋の前で、「ここでございます」綱吉の間。犬でもいるのか?

ふすま柄のドア(!)を開けて、ゴタイメーン。
うひゃー、「実物はもっとかわいい」はウソじゃないよ。
にっこり笑ってるし、愛想が悪いわけでもなさそうだ。
超ラッキー!このコと、数分後には、むふふふ・・・と思ってたら、

「わたしの問題のこと、聞いてくれました?」
やっぱり、問題は存在するのだ。
でも、男ではないし、とりあえず子連れではないし、後頭部にもうひとつの口も、
いまのとこ、発見に至らず。

「わたし、セックスできないの」
へえ、そうなの、、、なぬー?!

「できるできない以前に、したことないの」
ということは?

「処女」
処女のソープ嬢!

「痛くて痛くて、入らないの。アソコが貝殻みたいにぴったり閉じてて、小指も入らないの。箸も、ボールペンも、クルマのキーも、ガリガリ君の棒も入らない」
試したのかよ。

「これまでに入れられたのは、耳かきくらい」
入れてんのかよ。

「これまでに、何人かとシようとしたんだけど、そのたびにわたし、大出血&失神→救急車」
格闘技か、事件現場。

「だから、今日もムリ」

この問題は問題だ。
こんなところまで来て、セックスできないなんて、ごはん切れのカレー屋さんだ(ちょっと違うか)、揚げ物のないトンカツ屋さんだ(ちょっと違うか)、お寺にお参りできない京都観光だ(もういいよ)。
しょうがないなって感じで、帰ろうとしたら、

「でもヒトミくんは、わたしとシなければならない」
どゆこと?
あと、なんでぼくの名前??しかも、「くん」づけ。

「だって、ヒトミくんは、わたしを乗り越えていかなければならないでしょ?これまでに、10人乗り越えてきたように」
つまりキミも・・・。

「例の女」
もう、驚かないよ。

つづく

|

« X.ソフィア編3:わかりあいたい。 | トップページ | XI.サクラコ編2:フクザツな再会。 »

コメント

…そんな時は走って、はしっって、走りまわること(笑顔)。
すっきりするし、爽やかさんにもなれそうだね。。

爽やかすぎて、、、モテモテかモウゥ(牛)。

投稿: カオルくん | 2008年1月25日 (金) 19時08分

私も小説かいてるのでよっかたらアドバイス等いただけたらありがたいです。

投稿: 朋有 | 2008年1月28日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« X.ソフィア編3:わかりあいたい。 | トップページ | XI.サクラコ編2:フクザツな再会。 »