« VII.ユミ&マミ編2:浮気道。 | トップページ | VIII.ミカ編1:ヒトミの初恋。 »

VII.ユミ&マミ編3:ヒトミの秘密兵器。

昼の連ドラ。
同性愛の女が、兄の別れた妻(元義姉)のあたらしい夫を誘惑して、元義姉の気を引こうとする、複雑すぎてなんじゃこりゃドロドロドラマ第42話/全52話が終わって、「どっちもどっちよねー」という、二人の明快にして簡単な結論を合図にするように、彼女たち、ぼくに襲いかかって来た。

ぼくが、下着まで剥ぎ取られるまでに、10秒もかかっただろうか。
すっぽんぽんでベッドの上で正座するぼくの目の前で、一枚残った、お揃いの(!)豹柄のTバックに手をかける二人。
豹柄じゃない、、、豹だ。

ぼくのからだが、ビーチバレーのコートであるかのように、二人は激しく拾い、つなぎ、打ち、めまぐるしく入れ替わる。
ユミさんが、ぼくの左のチクビ(弱点、もしくは、ラッキーストライク)をくちびるで攻め、て、る、う、う、う、と思いながら目を閉じて、5秒後目を開くと、ありゃま、そこにはマミさん!ユミさんは、もう、ピエールのところ。
縦横無尽左右上下斜め裏表。点が線につながり面となり、快感がからだを覆う。
それはそうと。

あのー、ピエールを二人のオッパイではさむの、やめてくれませんか?
あのー、ビーチフラッグみたいに、部屋の隅っこから走りこんで、ピエール争奪戦するの、やめてくれませんか?
あのー、足の先から舌を這わせて、首筋のゴールまで競争するの、やめてくれませんか?
あのー、ピエールを舌で、メトロノームみたいに左右に揺らすの、やめてくれませんか?

「楽しいパーティーの途中だけど、」
ユミさん、「そろそろ、イレとく?」
ぼくにじゃない、マミさんに聞いてる。

おいおい、ぼくはなんだよ、って思ってるうちに・・・ピエール、ネイルアート輝く指先で、ひょいとつままれて、イントゥ!・・・ウエルカム!

もともとの、力量差×多勢に無勢。二人のファンタスチックなプレイの、単なる観客だ。
しかも、無理やり、舞台に上げられたような。しかし、受けてばかりも、いられない。

ミッション。彼女たちを、イカさなきゃならないのだ。
どうする、この1本vs2個という現実・・・あ、そうだ、ファンタジスタ!すぐ誰かに頼るとこが、ぼくらしい。

で、どこだっけ?どこだっけ?手を伸ばして、リュックの中を探してみても、、、ない!
なんだよ、ファンタジスタ、かんじんな時に!すぐ他人を責めるとこが、ぼくらしい。

かわりに手に触れたのが、硬くてちいさいもの。
このあいだ、神社のオネーサンがくれた、・・・カエルさんだ。
(困ったら、これ使いなさい)
こんなカエル、こんな状況で、役に立つとは・・・。

下→ユミさん、まん中→ぼく、上→マミさん。横から見ると、「三」の字、というか、仮装大会のサンドイッチというか、ぼくはタマゴサンドが好きなのだが、二人の柔らかで甘く匂いたつ肉体に、もみくちゃなのだ、きもちいいのだ。

とりあえず、イレてないほうのマミさんを、攻めよう。
頼りなさげな、カエル。
でもいまは、オマエが頼りだ、と、マミさんのアソコに、カエルさんイン!
1分経過・・・何も起こらない。
2分経過・・・何も、、、起こらない。
やっぱり、ダメか、ああどうしよう、と思ってた2分45秒後突然!
マミさんの動きが止まった。

ぼくもユミさんも、動きを止めて見守っていると、大きなアエギ声をあげて・・・
え?イッちゃった?

なにしたの、カエルさん?カエルさんは、ただのカエルではなかったの?

つまりこういうことだ。
縁日のお店で売っている、水槽に入れると大きくなるスポンジの動物。基本は、あれだ。

このカエルさんも、水分を吸って大きくなる。つまり、カエルさんを、アソコにイン。→濡れ液を吸って、大きくなる。→アソコの壁を刺激して、また濡れる。→そしてさらに、カエルさん、大きくなる。大きくなると同時に、カエルさんから、特殊ファイバーの触手のようなものが、無数に伸びるのだ。それが、水分を吸うことで、大きくなる。そして、壁を刺激する。→そしたら、また濡れる。→濡れ液をさらに吸って、大きくなって、刺激する。

この無限ループを、アソコの中で、カエルさんが実現していたとは!

悪く言って、ごめん。でも、どこで売ってるの、こんなの。
一人倒した。もう、一人。
ほんとうの闘いは、ここからだった。

マミさんの、思いがけない脱落を見て、ユミさんの目の色が変わった。
ぼくのマタのあいだに、からだを割り込ませて(イレたまま)、ぼくを抱え込むようにして(イレたまま)、立ち上がった(イレたまま)。
これは・・・なんと、掟破りの、逆エキベンではないかっ!

そのまま、腰のスナップをきかせるユミさん、、、
本気にさせてしまったようだ・・・日本チャンピオンを。
にしても、これって、きもちいいいいいですね、こんなことしてもらってる男って、もしかするとぼくだけ?って幸せ・・・なんて言ってる場合ではないぞ!
言ってる場合ではないのだが、防戦一方打者一巡の猛攻撃を受けながら、

どうしよう、こんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこ(壊れそうです)
ほんとうに、きもちんこいいきもちんこいいきもちんこいい(壊れました)
(うわあ、おかあさーん、これまでなんとか、0から頑張ってきたけど、ついにダメかもしれないよー、おかあさんごめんなさい)

そのとき、ふと伸ばした右手が触れたもの、・・・ファンタジスタ!
(ありがとう、来てくれたんだね)
スイッチを、オン!すると、、、テレビがついちゃった。

あー、これ、テレビのリモコンだよー。
ちょうど、4時の時代劇の再放送が始まったとき。
すると、それまで激しく動いていたユミさんに変化が、と思う間もなく・・・イッちゃった。。。なに、この、展開。
そして、気絶していたマミさんを起こして、あわてて服を着る。

「どうしちゃったんですか?」
「もう4時になっちゃったから、イッといたの。時間ないのよねー、主婦って。晩御飯のしたくがあるの」
ユミさん、「買い物買い物、今日は、ビーフシチュー」
ユミさん、時代劇で、時刻に気がついたんだ・・・助かった。ありがとう、黄門様。

二人は、持って来たエコバッグを片手に、
「結婚したら、また、浮気しようね」って、そそくさと、出て行った。
ぼくは、すっぽんぽんのまま、タチ尽くしながら、立ち尽くしていた。


「あんたって、ほんんんと、情けないコねーーー」
神社のオネーサンだ。

「二言めには、どこなのファンタジスタ?だもん」
、、、そうだけど。

「あぶなくなると、おかーさーーん、って、べそかく」
べそはかいてないさ、かきかけてたけど。。。

「教訓⑥人に頼るな」
ぼくの悪いところ、わかってるよ。

「つぎは、いいとこ見せてよ。あなたのミッションは、
おかあさんを救うことだけじゃないんだから」
どういうこと?

もちろん答えずに、オネーサンはいなくなった。
窓から吹き込む風で、ベッドのシーツが揺れていた。
つわものどもが、夢のあと。
 
 
VIII ミカ編

|

« VII.ユミ&マミ編2:浮気道。 | トップページ | VIII.ミカ編1:ヒトミの初恋。 »

コメント

とてもおもしろいです! 今までにない設定の話であきません。
次の刺客も楽しみにしてますよ☆

投稿: ブラッキ | 2007年12月21日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VII.ユミ&マミ編2:浮気道。 | トップページ | VIII.ミカ編1:ヒトミの初恋。 »