« VI.シルビア編2:女王様の誕生。 | トップページ | VII.ユミ&マミ編1:浮気妻選手権。 »

VI.シルビア編3:マチコとの再会。

「オマエら男は、ヒヨコだ、アメンボだ、ちょろQだ。自分一人では何にもできない、どこへも行けない、そのくせに、自分をライオンか何かのように勘違いしている」
「・・・そういうとこあるかもね」

「愚かな小動物!」
「ぼくも頑張らなきゃね」

「子羊ども!めーめー鳴いてろ!」
「めーめーめーめーめーめー」
「めーめーうるさいんだよっ、この小粒納豆!」
「あ、ごめん、うるさかった?」

シルビア様、ちょっと、マチコに戻って、
「あのねヒトミくん、さっきも言ったけど、いちいち返事してくれなくていいのよ」
「だって、キミがいろいろ話すから」

「あのねえ、これSMだから、久々の同窓会じゃないから」
「でも、SMって、攻めと守りでしょ」

「・・・あのー、ヒトミくん、もしかしたら、SMのこと、EMEとAMORIだって思ってない?」

「あ、いけね、ASEROとATTE、だったっけ?」
「それも、、、違うけど」

「えーっ、じゃあ、AKURAとOMIJI?」
彼女、ちょっと怒ったように、
「ふざけてるの?それとも、その程度の理解で、わたしのSMに参加してるの?」

「すみません。。。でも、でもだよ、SMってすばらしいコミュニケーションだと思うんだ。だって、需要と供給のバランスがちゃんととれてるし、あうんの呼吸ってあるでしょ、打てば響く、っていうか。おたがいわかりあおうとしなければ、できないよ」

マチコ、もといシルビアが、怒声を浴びせた。

「男たちへの復讐だ!そのために女王様になったのだ!これはけっして、コミュニケーションなんかじゃない!ましてや、わかりあおうとするわけがなああああい!!!」

見事な激怒。花びんが倒れて、壁の絵が落ちた。さすが。
でも、勇気をふりしぼって、言ってみた。

「ぼくには、女王様のなさってることって、」
急に敬語。こわいから。弱虫。

「わたしのほうを向いて、わたしの話を聞いて、わたしの責めを受け入れて、わたしのメッセージを受け取って、って叫んでるようにしか思えないんだ」

シルビア様、天井に亀裂が入るような声を張り上げて、
「わたしは汚らしい男どもが、心底憎らしいんだ!滅ぼしてやろうとしてるんだ!
地上から消えてなくなれ、って叫んでるんだああ!!!」

「でも、男たちは、消えてなくならない。だって気持ちいいから。幸せだから。キミが幸せにしてくれるから。キミがすてきだから。キミが必要だから。キミとわかりあいたいから。キミとつながっていたいから」

「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさーーーーいっ」
シルビア様は、涙声だ。
ぼくは、容赦なく続けた(ぼくって、S?)

「SMって、おおきな愛だと思う」
「愛なんかじゃない、愛なんか、、、じゃない」

「SもMも、異常なもの。もともと、世の中に許されてなかったこと。つまりSMって、異常な存在そのものを認めないと、始まらないでしょ?すべてのセックスを肯定する、異常も正常も認める。それって、おおきな愛。違う?」
シルビア様は、わーっと泣き出した。

「SMは、すべてを肯定することだもん、いじめとは真逆のものだもん、復讐なんかにはならないよ」
シルビア様は、ぼくの胸に顔をうずめて、泣きて続けている。

「だいいち、マチコは、復讐するには、やさしすぎるいいコだよ」
シルビア様は、濃いメークを涙でドロドロにした顔を上げ、
「シャワー浴びてきていい?」と言った。

シャワールームから出てきたシルビア様は、すっかりマチコだった。
ぼくは、彼女のカラダをおおっているバスタオルをはずした。

顔やからだに十数個付いていたピアスはぜんぶはずされ、例のウナギがバラをくわえたタトゥーもきれいさっぱり消えていた。「シールだったの」だそうだ。
・・・どこで買ったんだ?

あどけなさが残る素顔を赤らめて、マチコは、「電気を消して」と言った。
こころとからだを解放&開放するのが、セックスの醍醐味とするならば、復讐という呪縛から解き放たれ、シルビアという仮面を脱ぎ捨てたマチコは、その夜、最高のコンディションだったのだろう。
のびやかな長身がしなやかに動く様子は、まるで水の中を泳ぐようだ。

ぼくのからだに彼女の長い手足がからみつき、あちこち密着させてきて、、、
気持ちいいんん。なのに、つかまえようとすると、するりと手の中から逃げ出す、さすがウナギ(ごめん)。凶暴な女王様ではなく、奔放な王女。

やっとのことでつかまえて、ウナギに串を打つように、ピエールを彼女の奥深くチェックイン!
すると細面の顔が、ドキッとするほど色っぽい。
さっき感じたあどけなさは消えうせて、大人っぽい流し目が、彼女のもうひとつの顔なのか(参照→教訓②女の顔は、ひとつじゃない)。
男たちがウナギ祭りをした、ほんとうの理由を見たような気がした。

寝てしまっていたらしい。マチコが電話する声で、目が覚めた。

「はい。すみません。いまからすぐに向かいます」
ぼくと目が合うと、
「ごめん、起こしちゃったね」

そして、例のボンデージスーツの上に、トレンチコートを着て、
「隣の部屋と、間違えて来ちゃったみたい。でも会えてよかった」
ぼくも。

そして、「じゃ、ちょっと、コミュニケーションして来るね」
とにっこり微笑んで、ドアを開けた。

入れ違いに入って来たのは、おなじみ神社のオネーサン。
「今日ヒトミくんが使った技は、」
技?

「SM業界では、幻と言われているものなの」
幻?

「女王様の責めに、誠実に反応する。こころをこめて、相手を肯定する。
そうすると、SとMは、最後にはSもMもなくなって、ひとつの存在になる。
実はSとMは対極じゃない、表裏一体のもの。その境地にたどり着いた二人は、神と呼ばれる。でも、快感のあまり、頭がヘンになることもあるの。
だから危険な禁じ手として、封印されてきた」

禁じ手?封印?

「その名は、言葉責めに対して、こころ返し!」
こころ返し、か。いい名前じゃないか。

「教訓⑤すべてを肯定してみよう」
「はい」

「まぐれだろうけどね、まぐれを引き当てられるのも、実力だから。
・・・伸びたね、ヒトミ」
あれ、おねーさん、涙ぐんでる。

「あら、スタンプが5個たまったね。じゃあこれあげましょう」
もらったのは、1センチくらいの、小さなカエルの人形。

「ファンタジスタや、キミの役立たずピエールがダメなときに、使いなさい」

また、意地悪に、逆戻り。でもありがとう、頑張るよ。
さあ、もう寝よう。ぐっすり眠って、今夜は夢精だ。

 
 
VII ユミ&マミ編

|

« VI.シルビア編2:女王様の誕生。 | トップページ | VII.ユミ&マミ編1:浮気妻選手権。 »

コメント

「今夜は夢精だ」って、ものっそい、いさぎいい感じ。
すげー新しい。

カエルは何につかうんやろー、すげー気になるっ!

投稿: イベリコ | 2007年12月 7日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VI.シルビア編2:女王様の誕生。 | トップページ | VII.ユミ&マミ編1:浮気妻選手権。 »