« IV.レイカ編1:人形の反乱。 | トップページ | IV.レイカ編3:レイカが濡れた! »

IV.レイカ編2:レイカの本心。

「ごめんなさいっ」
大慌てでドアを閉めたけど、嵐の予感、史上最大規模。
でも、(毛、見ちゃった)ムフフフフ。

「ちょっとあんたぁ!」
ほら、来ました。

「レイカ様になにしたのよぉぉぉ!?」
キツツキが、くちばしをとがらせている。

連行されたところは、もちろんレイカ様の控え室。
中に入ると、すでに嵐のあと。「ネギ騒動」の結果だ。

部屋中にイスが散乱し、テーブルの脚は重いローキックを一発食らったように、見事に折れていて、ぼくが運んできたプラズマテレビには、お昼のお弁当らしきものが激突している。
死体を運び出したあとの殺人事件現場、って印象。

「レイカ様、連れてまいりましたわ、このクソガキ、レイカ様になにを、」
としゃべり始めたキツツキのくちばしを、
「あなたはいいから、出てって」
と折り、ぼくをあの目でにらみつけた。

「もちろんですわ。ほほほ」
と部屋を出て行くキツツキの口が、
(BITCH!)
って動いたのを、ぼくは見逃さなかった。

ところで、これから、ぼくは?

「あんたねぇ、」
来た。

「見たでしょ?」
、、、見たけど、、、。

「わたしのトイレあけて、ただで済むと思ってるの?」
だってそっちがカギかけてないから、って言っても、ただで済むとは思っていません。。。

「なに見た?」
「・・・見てません」
「ウソついたら、舌抜くよ」
やりかねない。

「・・・毛」
彼女、いっきに真っ赤になって、
「なんで、そんなこと言うの!」
って怒鳴った。

「だって、ウソついたら舌抜くって、、、」
レイカ様、このアホ相手にもうやってられまへん、って感じで
「わたしをだれだかわかってるの?」
「レイカ様でしょ」
「様はいいよ」
「だって、みんなそう呼んでるけど」
「みんなそうやって、わたしをバカにしているの」


様、なのに?

「陰でなんて呼んでるか、知ってる?」
知ってる。“BITCH”でしょ。
でもいえないな。

「鬼姫」
そんなのもあるんだ。

「ひどくない?」
、、、そう、かな。

「みんな、裏と表。わたしに見せるほうが裏で、見せてないほうが表」
そう、だね。。。

ふと浮かべる顔は、寂しそうだ。
彼女こそ、ほんとうはこっちが表なのかも。

「ところで、」
またいつもの顔に、逆戻り。

「あなた、ほんとうにわたしのこと知らないの?」
「見たこと、あるような、ないような、、、」
「家にテレビないの?」
「あるけど、バイトが忙しくって」

腕を組んで、ああなんでこんなバカがうちのクラスに来たんだろ?と嘆く女教師のように「わたしは、レ・イ・カ。もう覚えたわね」
と言った、というより、叱った。

レイカは20歳、ぼくの1コ下、だそうだ。
怒っているときは、年上に見えたけど、そうじゃないときは、すこしあどけない。

むせかえるような匂いに部屋を見渡すと、10分で花粉症になれるくらいの花束。
でも、ぜんぶ花びらのところで、折られている。ひどい。

「これ、きみがやったの?」
くちびるを固く結んで、黙っている。

「よくないよ、こういうの」
ぼくが言ったら、
「だって、ぜんぶニセモノじゃん!」
と絶叫。
そして、静かに話し始めた。

「花をあげるって、どんな気持ちだと思う?」
好き、とか、おめでとう、とか、がんばって、とか。

「ここにあるたくさんの花束から、どんな気持ちを感じる?」
・・・なにも、感じない、、、なにも。

「ねっ、ニセモノ、でしょ?」
「そうだね」
ぼくは、うなずいた。

「気持ちのない花束って、生ゴミみたいだな」
って、ぼくがポツリともらしたら、レイカは初めて、クスッと笑ってくれた。
驚くほど、チャーミングな笑顔だった。

「きみ、かわいいね」
って、思わず言っちゃった。
かわいいのはあたりまえでしょ!って、また怒られるかなと首をすくめたら、
レイカ、床に落ちたバラの花くらい、真っ赤になった。

「ねえ、わたしが怖くないの?」
「そりゃ怖いよ、いつ怒られるか、わからないもん」
「そういうことじゃなくて」
ん?

「わたしが、有名なアイドルだということ」
アイドルって、怖いものなのか?

「誰もが、腫れものに触るように扱うわ」
様つけて呼んでみたり、か。

「デビューしたのは、3年前。その頃は、わたしもまわりも、こうじゃなかった。
芸能界なんて、右も左もわからないことだらけだったから、教わると、ハイっ!って。

デビューのときのキャッチフレーズが、氷の微笑女、よ。げげげ、よ。
クールな微笑み、召し上がれ、よ。げげげげ、よ。でも、ガマンできたんだよ。

わたしが売れてくると、わがままが許されるようになる。
こうしたい、って言うと、5秒でそうなる。

イヤっていうと、みんなわたしの機嫌をとろうと必死
あの人嫌い、っていうと、つぎの日には、その人はもういない。すごいでしょ?」

・・・・・。

「でも、みんなが怖いのは、わたしじゃない。わたしが働かなくなること。
わたしは、とってもお金になるから。わかるから、いつも大声出して、困らせてやるの」
ぼくには、その彼女の上げる声が、悲鳴に思えた。

「花と気持ちと、ほんとうに欲しいのは、どっちだと思う」
うん、ぼくにも、わかるよ。

「でも、レイカには気持ちなんかいらないよ、って思われてるみたい。
わたしはお人形だから。逆らうとたたられる、呪いの人形だから」

でもぼくには、人形には見えないなあ。
だって、さっき彼女の「毛」を見たとき、ぼくのピエールは、直立不動だったから。
人形じゃ、タタないもん。
・・・とは言わなかったけど。

「ところで、ヒトミくん」
ぼく、名前教えたっけ?

「きみ、わたしのこと、濡らせる?」
濡らせるって、、、?

「アソコを、ぐじゅぐじゅのべとべとのぐちょんぐちょんにできる?って聞いてるの」
そんな顔で、そんなこと、言わないでよー。
こんどはぼくの顔が、バラ色になる番だ。。。
って、まさか!?

「そう、わたしは、例の女」
それ、早く言ってよぉ。

~つづく~

|

« IV.レイカ編1:人形の反乱。 | トップページ | IV.レイカ編3:レイカが濡れた! »

コメント

俗にいうツンデレですね。
レイカさまがかわいそうにみえてきました。作者の力量の素晴らしさよ。

投稿: ある女 | 2007年11月10日 (土) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IV.レイカ編1:人形の反乱。 | トップページ | IV.レイカ編3:レイカが濡れた! »