« IV.レイカ編3:レイカが濡れた! | トップページ | V.モモコ編2:モモコさんの恋。 »

V.モモコ編1:女優降臨。

「レイカの紹介で来たんだけど」
その人は言った。

「モモコです」

日曜日の、12時前。
前の夜のバイトが遅番だったから、ぼくはまだ寝ぼけていて、
(宅急便かなあ)
目をこすりながらドアを開けたら、ビックリした。

そこには、サスペンスドラマで女刑事役の人が、立ってたんだもん。
たしか「熟女デカ網タイツ事件簿-犯人はアソコだ!」だったかな。
あまり芸能人くわしくないけれど、おかあさんが、そのドラマよく見てたんだ。

ぼくを逮捕に来たのかと思った。
もちろん逮捕されるようなことは、やってないはずだけど、さいきんいろんなことが起こりすぎるので、たいていのことは驚かない。

「ちょっとあがっていい?」
なんとなく刑事口調。

「男の子の部屋って感じねー」
散らかっててすみません。

「いつまで寝てるの」
ごめんなさい、ってこの人に、あやまるケース?

「あのレイカが、ほめてたからねー」
そうなんだぁ(嬉)

「で、こんな男の子の、どこがよかったんだろう?」
朝一のお客さんとしては、最悪。

「冗談。かわいいと思うよ」
いずれにしても、最悪。

「これ、おみやげ」
「あ、これ3時間行列するドーナツですよね」
ちょっと、目が覚めた。

「自分じゃ並んでないけどね」
そうだろうと、思いますよ。

「コーヒーくらい入れなさいよ」
すみません。

「ねぇ、テレビつけていい?」
「いいですよ」

「まぁ、かわいいテレビ!うちのお風呂のよりも小さい」
ったく。ほっといてください。

ぼくがコーヒーを、ひとつしかないまともなコーヒーカップに入れてあげると、
一口飲んでまじめな顔をして
「これ、インスタント?」
と聞く。

やっぱ、まずかったのかなあ、と思っていると、
「なつかしい・・・」
と目を閉じる。
複雑だけど、悪い人じゃなさそうだ。

「でも、インスタントコーヒーのコマーシャルに、出てませんでしたっけ?」
とたずねると、にっこり笑って、
「素人みたいなこと言わないで」
素人ですが・・・すいません。

「あなた、年いくつ?」
「21です」
「若いっていいね」
若いって、いいのかな?

「モモコさんも、お若いですよ」
「男の子がお世辞なんか、言っちゃダメ」
ほんとうにそう思うんですけど、肌もとてもきれいですし。

「女優に年齢の話をさせる気?」
「ご、ご、ごめんなさい、そんなつもりは」
「きみには、本当のことを言わなきゃいけないようだから」
???どうして???

「38」
自分で言っちゃった。

「でも、公称、ね」
え?

「ほんとは、」
ほんとは?

「45」
あちゃー、、、さすがのプロ、サバのよみかたも豪快。

「わたしの21のころって、あなた、バブルって知ってる?」
聞いたことはあります。

「ちょうど世の中が、バブルの頂上を目指して舞い上がってるころだったの。
まいにちが、お祭り日本一決定戦くらいお祭りで、」
すごそう。

「オークラも、オオタニも、帝国も、スイートじゃ間に合わないから、ワンフロアー。
ゴールドも、マハラジャも、ジュリアナも、ワンフロアーじゃ間に合わないから、
お店ごと。いつも借り切り」

よくわからないけど、すごいんだろな、だってぼくが、たまに行く下北のクラブなんて、8畳ひと間くらいだもん。

「お友達が100本用意してくれたドンペリを飲みつくして、それでもわたしもっと飲みたい!って言ったら、そのころのボーフレンドが買いに行こう、ってそのまま自家用ジェットでパリ」
うーん。

「わたし、そのころはかわいかったのよ」
「いまでもお美しいですっ、お世辞じゃなく」
モモコさんは、ありがと、って感じに微笑んで、でも、ちいさなため息をついた。

「もう目が覚めた?」
「はい、覚めました」
「短刀直入に言うと、説明とか省きたいし。わたしが、レイカのつぎ」
本格的に、目が覚めました。

「例の女、ナンバー4。なんか数字悪いね」
そうか、いろんな女の人がやって来るんだな、なるほど、、、って感心してる場合か!
「ちょっと散歩行こうよ、天気もいいから」
モモコさん、提案。
それはそれで、いいですねぇ。

大急ぎで、顔を洗って歯を磨いて、晴れた真昼の空の下に出た。
が、、、しかし、
「そのカッコ・・・」

モモコさんは、おおきなサングラスをして
(それはいい)
幅の広いマフラーを首にぐるんぐるん巻いて
(それもいいとして)
口に花粉症用のマスク、あたまにアポロキャップ、
そしてからだ全体を、まっ黒なポンチョのようなものでくるんでいる。

「そのカッコで、うちまで来たんですか?」
「ハイヤーだから」
「だからって・・・」
「だって、芸能人だってバレると、面倒くさいでしょ?」
なんの迷いもない。

でもこれじゃ、映画の中のテロリストか、オペラ座の怪人だ。
ほらほら、みんなじろじろ見てる。逆効果。
なんとか説得して、帽子とマスクをとってもらって、ようやく、ふ~、散歩開始。

「こんなにお外を歩くのって、いつ以来かしら?」
無防備に歩けるのは、屋内だけだって、、、大変だな、有名になるって・・・。

「山手線に乗ってみたい」
散歩にならないですよぉ。
でも、モモコさん、楽しそう。
彼女、山手線どころか、電車に乗るのもひさしぶりみたい。
記念に、って、Suica10枚買っていた。

でも自動改札に3回引っかかって、後ろの人に、にらまれていた。
外が見たいからドアのところに立って、ぼくがにわかバスガイドさん、バスじゃないけど。

窓から見えるレインボーブリッジも、アキバの電気街も、巣鴨の元気なおばあさんたちも、池袋や新宿や渋谷で乗り降りする大量の人々も
(つまり1周したのだ、へとへと)
すべてが新鮮に見えるようで、いちいち、あれ見てー!なんて歓声あげるものだから、
みんな注目&ドン引き。

「こんなに楽しいなら、明日のCXの収録も山手線で行こう」
って、お台場には、通っていませんが。

「東京って、いいわねー」
まあそうですが。

「パリもニースも、もう行かなくていいわ」
ぼくが代わりにいきますが。

「ファーストクラスだから、すぐに寝ちゃうの。窓の外を見とけばよかった」
空だけですが。

五反田あたりで、モモコさんなにか発見した模様。

「ねえ、あのヘ・ル・スって、なにするところ?」
声が大きいですよぉ。

「・・・エッチなことするところです」
「イレていいの?」
だから声が大きいですって。

「・・・イレ、ちゃ、、ダメです」
「じゃあ男性はどうやって出すの?」
「・・・(赤面)・・・」

「ほら、ヒトミくんも、ピュッと出るでしょ、それを女の人がどうやって出すの?って聞いてるの」
ああ、もーーー。

「・・・ク、ち、、でス」
「出したらどうするの?」

「ぺっ、っテするンダとおモイまス・・・」
「こう?」
もぉおおー、そんな口からペッ、ってするポーズすると、
ピエールがムズムズするじゃないですかぁぁぁ。

「へへへ、それくらいのこと、知ってるわよ~ん。あ~あ面白かった」
えええええーっ!からかってたんですかぁ?ひどいですよぉ。

「ごめんごめん、でも山手線が久しぶりなのは、ほんと。わたしは秋田で生まれて、
14歳でデビューした」
ぼくが生まれるずっと前だ。

「初めて東京の街に降り立ったのが、上野駅。初めて乗った東京の電車が、山手線。
乗ったのは、後にも先にも、それっきり」
モモコさんは、窓の外の遠い山の、その向こうを見るような目をした。

そのとき、気づいた。
(この人は、いま、あまりハッピーじゃない・・・)

つづく

|

« IV.レイカ編3:レイカが濡れた! | トップページ | V.モモコ編2:モモコさんの恋。 »

コメント

 内容はすごいけど、やっぱり面白いです。

投稿: リン | 2007年11月16日 (金) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IV.レイカ編3:レイカが濡れた! | トップページ | V.モモコ編2:モモコさんの恋。 »