« V.モモコ編2:モモコさんの恋。 | トップページ | VI.シルビア編1:深夜の訪問者。 »

V.モモコ編3:ベテランの底力。

「ヒトミくん、21だったっけ?」
「はい、そうです」

「いいなあ、まだまだたくさん、恋ができる」
「モモコさんも、恋すればいいじゃないですか」
「もうできないわ、だって、もうこんなに、おばちゃん」

ぼくは、今日ずっと感じていた違和感の正体が、やっとわかった。
この人は、昔話しかしていない。今を生きていない。自分から、あきらめている。
恋なんて、もう自分には関係ないと思っている。それじゃまいにちを、これからを、
楽しめるはずがない。
ぼくは、勇気を出して、質問をした。
「年をとることは、恥かしいことですか?」
いきなりの質問に、ぼくを見つめるモモコさん。

「もしそうなら、ぼくはもう年をとりたくない。生きていく意味なんて、ない」
モモコさん、じっと聞いている。

「恋は、とてもすてきのものなんでしょう?ぼくはまだ、恋を知らない。だから、恋をしてみたい!一生していたい。ずっとずっと恋をし続けたい!」
モモコさん、うつむいた。

「恋に適齢期なんて、あるんですか?」
モモコさん、顔を上げた。

「モモコさんは、今、とてもとてもとてもとても、すてきです!うつくしいです。昔とは、すてきさやうつくしさの種類が、違うだけです!」
モモコさん、うなずいた。

「恋は、いつも適齢期だと思います!」
モモコさん、にっこり微笑んでくれた。

「エラそうなこと言って、すみません」
いいのよ、と、小さく首を振って、口を開いた。

「ヒトミくん、今のわたしでいい?」
「い・ま・の・モモコさんがいい。今のモモコさんが欲しい」
「準備は整ったようね、部屋に戻ろうか」
そう言って、モモコさんは席を立った。

おいおいおいおい、欲しい、だなんてよく言ったもんだよ、ヒトミ。
裸で逃げ出したくなるくらい、レベルが違う。
年を取ることと衰えることは、別のことだ、すくなくとも、セックスに関する限り。

熟れすぎの柿の果肉に指がめり込む感触、と言うか
(なんじゃそりゃ)

創業以来継ぎ足し続けたタレの深み、と言うか
(わけわからん)

アナログレコードのノイズの豊かさ、と言うか
(なんのこっちゃ)

セックス白帯のぼくには、筆舌に尽くしがたい
(あ、こういうときに使うんだ、この言葉。いろいろ勉強になります)

いちばんすごいのは、イカないこと。
気持ちよくない感じないのではなくって、通常このへんでイキますよね、のポイントを通過して、そろそろイカないとからだこわしますよ、のポイントを楽に超えて、第一象限の右ななめ上彼方に向けて、上昇直線が伸びて行く。

離陸した飛行機が、大気圏の突き抜けんばかりに、上昇し続けるように。
体位変えても、攻守変えても、彼女の頂上がまったく見えない。
2時間・・・酸欠で意識が遠くなるのと入れ替わるように、快感がぼくを支配する。
ピエールが悲鳴を上げている、違う、悲鳴じゃない!キモチイイイイイー、の雄叫びだ。

しかし、ここで負けるわけには、、、ここで負ける、わけには、、、こ粉、で、負ける、
輪、家、には、、こ、こ、こ、こ・・・。

そのとき、なにやら激しい振動が!じじじじじじーーーーーっ、薄れ行く意識の中、
(おや、なんだろう?ケータイかな)
→→→ファンタジスタ!!!

ぼくは、自分のバイブ力を前進力に変えて、リュックの中から這い出してくるファンタジスタを見た。黒光りした、筋肉質のボディーが、こっちに向かって来る。
そして、ぼくの脇で、ぴたっと止まった。

(ありがとう、ファンタジスタ!)
ぼくがモモコさんからピエールを引き抜くと、自分からモモコさんの中へ、
吸い込まれていった。

最初は、モモコさんを確かめるように、堅実に、
やがて、読めた!とばかりに、激しさを増し、
突然ピタリと動きを止め、
(たぶんこれも演出だ)
そして、ゆっくりと回転を始めた。ゆるりと、ゆるりと。

この動き、どこかで見たことがある、、、あ、そう、そう、そう、走馬灯!
あきらかにモモコさんの反応が、変化した。そして、聞こえてくるもの・・・。

モモコさんのアソコと、回るファンタジスタとが、奏でる音が、メロディーに!
オルゴールみたいに!

これは!
(あまりの驚きに、息もできない)

モモコさんのデビュー曲
「コンチネンタル・ダーリン」!!!
モモコさん、小さな声で、口ずさんでる、たのしそうに、思い出すように、、、超オンチに。。。
モモコさん、絶頂の一歩手前。

ファンタジスタが、不意に、動きを止めた。
どうした、ファンタジスタ、もうすこしだぞ。
そして、自ら、スポッと抜け落ちた。

オマエ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんて、、、ヤツだ。。。

最後は、ぼくが決めろと、促している。
見つめあう、ファンタジスタとぼく。
見つめあう、ファンタジスタとピエール。。。
友情。。。ひたっている時間はない。

ぼくがもういちどイレてからモモコさんがイクまで、10秒もかからなかった。
イク直前、モモコさんは、ぼくに抱きついて
「いつだって、、いま、が、、、いちばん!」←教訓④
そう言って、目を閉じた。

ドアが開いて、だれかが入って来た。だれかは、想像がつく。

「いやー、おつかれちん」
神社のオネーサン。今回やけに、フレンドリー。

「あのー、質問があるんですが」
聞いてみた。
「こんなことやってて、ほんとうにおかあさんは助かるのでしょうか?」
「そうねぇ、信じることね」

「そんなぁ、、、セックスばかりやってて、いいのかなぁ」
「重要なのは、セックスじゃなくて、それを通してキミが成長することなの。
それに、姉小路家の運命がかかっているの」
「運命、、、って」

「それは、最終回まで、秘密」
「えーっ」

「大切なのは、続けること。夏休みのラジオ体操と同じ」
と言って、スタンプカードにはんこを押した。

そばで見て、ふと気がついたのが、
「あれぇ、オネーサンのアゴに1本はえてるの、ヒゲ?」

オネーサン、顔を真っ赤にして、
「イヤーーーーーーン」
とマッハで外へ飛び出した。
・・・・・と言うことは。。。。。おいっ!
 
 
VI シルビア編

|

« V.モモコ編2:モモコさんの恋。 | トップページ | VI.シルビア編1:深夜の訪問者。 »

コメント

んん〜?!
お姉さん,オトコ???
次回が気になり始める今日この頃

投稿: メロス | 2007年11月26日 (月) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V.モモコ編2:モモコさんの恋。 | トップページ | VI.シルビア編1:深夜の訪問者。 »