« II..ツバサ編2:ツバサのヒミツ。 | トップページ | III..アユ編1 :地味めの人。 »

II..ツバサ編3:ツバサが飛んだ!

めくるめく(こういうケースで使うんだ、この言葉)快感が快感が快感が→どうかなっちゃいそうだ。

「なにぼーっとしてるの」
大急ぎで現実に戻ると、ツバサさんがまたコワい顔。

「セックスは、気持ちよくしてもらうだけじゃないの。気持ちよくしてあげるの。ぼくが気持ちよくしてあげよう×わたしが気持ちよくしてあげよう=相手を思いやる気持ちが、ふたりでらせん階段を駆けあがるように、∞につれていってくれるの」

「・・・ごめんなさい」
「キミならきっとできる」
ツバサさんはぼくの手を、ほほから胸、胸から腰、そしてアソコへと導きながら、ゆっくり足を開き始めた。

「ヒトミくん、触ってみて」
さすがにすこし、はずかしそうだ。

「早くぅ」
ツバサさんが、ウイスパーヴォイスで、せかす。
ぼくはコワゴワ右の人差し指で、アソコのまん中あたりに触れてみると、うわあ、いきなり口を開けて指をくわえこもうとした。ぼくは、おったまげた。
(なにかいる!中になにかいる!)

ツバサさんは、面白そうに笑っている。
「こりゃなんだ、どうなってんだ、でしょ?」
ぼくはうなずいた。

「でも、ヒトミくんのアレを見て。どういう状態になってる?」
・・・タッてる!

「アタマでは拒絶しても、カラダはそうじゃない。生命と生命がひかれあうって、こういうことなの。脳で考えちゃダメ。ほんとうに大切なことは、カラダに聞けばいいの」

ツバサさんの教え①
考えるな、カラダに聞け。

「さあ、ココにイレるのよ。考えないで。カラダの欲しがるままに!」
よしっ。

「あなたがイレないと、なにも始まらないの」
いつのまにか、コンドームがつけられている。
頭の中では、ツァラトストラかく語りきが響いている。

ジャーン ジャァーン ジャァアーン・・・ ジャッ、ジャアァーーンッ!!!

先へ、進むだけ。
ツバサさんの入り口に触れた。
でも、もうコワくない。
だってカラダが前に、行きたがってる。

さっきのように、ツバサさんの粘液がからみついて来ても、アソコの中にとんでもない魔物が住むとしても、素直に身をまかせよう。

>>>入りました。
ツバサさんは微笑んで、口のかたちだけで(オメデト)っていってくれた。。。

ぼくは、ツバサさんの熱をダイレクトに感じている。
いわゆる「体温」など、ヒフの表面温度にすぎないことが、よくわかる。
これが、ツバサさんの生命の熱だ。

「さあ、動いてみて」
ぼくは前後に動いてみた。

「こう、ですか?」
ツバサさんは返事をしない。かわりに甘い息をもらす。
つまり、たぶん、これでいいのだ。

イレヌキイレヌキイレヌキイレヌキイレヌキ/秒。
アタマの中が、真っ白だ。
そのかわり、カラダが言葉にならないものを、精いっぱい感じていた。
なるほどこれが、①考えるな、カラダに聞け。なんだ!

「さあいくわよ」
ツバサさんは、カラダを上下入れかえて、マウントポジションをとった
(もちろん入ったまま)

遊びの時間は終わったのよと言うように、ぼくの上で腰の動きを激しくする。
低く散発的だったツバサさんのアエギ声は、打ちこまれているかのように、高くはやく正確にリズムを刻む。

ツバサさんの動きに呼応するように、教えられてもいないのに、ぼくが動いている。
自分が気持ちよくなろうと動けば、相手も気持ちいい。
相手が動けば、自分も気持ちいい。

そうか!セックスはコミュニケーションなんだ!
(き・も・も・ち・い・い・い・・・)

ああどうしよう。
いっちゃいそうだ。
待てよ。ガマンできない。ダメだよ。
でも腰が、腰が、腰が止まらないんだよ。
おかあさーーーーん!

ツバサさんの、胸で揺れているストップウォッチが、残り時間を告げている。
30秒。

こうやって二人は、高めあいながら、らせん階段を昇っていくんですよね。
たまんないです。
えええい、ぜんぶ出してしまえ。

どうなっても、構うもんか!・・・おかあさん、ごめんなさい。。。それはダメだ。
残り20秒。

ツバサさんを見上げると、なぜか苦しそうな顔。
その腰の運動は、激しさを増すばかりだというのに。
アエギ声はうなりを上げているというのに。
きれいなかたちの胸も、大きく波打ってるというのに。
(もしかしたら、そうなのかも)

ある日突然、帰って来なかったおとうさん。
カラダを離せば、ひとはどこかへ行ってしまう。
カラダをひとつにすれば、どこへも行かない。
すくなくともその間は。
だからみんなとセックスを?

でも、ツバサさんの閉じている目が探しているのは、声を張りあげて呼んでいるのは、きっとおとうさん。

ん、待てよ、この感じ、なんだっけ?昇る?高く?
これは、ツバサさんのこの動きは、このアエギ声は、そうか、そうだ!
滑走路で加速する飛行機そっくりだ!

つまりツバサさんは、いま、離陸しようとしている!
あと15秒。

いまぼくにできることは、そう、ひとつしかない。
ぼくは両手をツバサさんの脇のあたりに差しいれて、つまさきを太ももにピッタリあてて、4つのポイントを決めた。

離陸する瞬間に向かって、加速を止めないツバサさん。
声をかける。
一瞬目があう。

「レディ?」
ツバサさんが、うなずいたように見えた。
「ゴー!」

ぼくは、両手両足にちからをこめて、ツバサさんを高く上空へと持ち上げた。
子供のころやってもらった、「ヒコーキ」だ。

ぼくは自分のおとうさんの顔を知らない。でもヒコーキされた記憶がある。
楽しかった。頼もしかった。
身を委ねられる、大きな存在を感じた。

パイロットのお父さんがやらなかったはずはない。
今日はぼくに身を委ねてください。おとうさんの代わりはできないけれど。
残り10秒。

「飛んでる・・・パパ、わたし、飛んでるよ。飛べたよ、わたし、飛べたんだよ」
ツバサさんが、はるか上空から叫んでいる。
離陸、成功。

「ありがとう、パパ。会えるよ、もうすぐ会えるよ」
こぼれる涙が、ぼくの顔も濡らす。
残り5秒。

必死にこらえていたものが、爆発しそうだ。
ごめんなさい、おかあさん、でもこんなに女のひととわかりあえた。
他人のためになれたんだ。
おかあさんならほめてくれる、、、あああ、もう、イキマスデマスゴメンナサイ。

そのときなんとツバサさんまさかの墜落!
気を失ったようだ。
まるでけん玉棒と穴のように、ツバサさんのアソコがぼくのアレに、スコーンとスポッとズボッと、とにかく>>>>>入りました。

ツバサさんは、薄目を開けてぼくを見て、
「ありがと、う。がんばって、ね」

そして、おちた。
満ち足りた、やわらかな寝顔だった。
胸のストップウォッチは、残り1秒を指していた。

ツバサさんを寝かし、大の字になって、部室の天井を見上げる。
たしかに忘れられない日になりそうだ。
そのとき、視界に飛びこむ顔!

あなたは!
「今日はいったいなんの用ですか?」
「今日は、たまたま勝てたけど、」
神社のオネーサン登場。

「いつもラッキーはないわよ」
と言いながら、スタンプカードにハンコを押してくれた。

「これ、持って行きなさい」
バイブ?

「名前は、ファンタジスタ。あなたひとりじゃ、頼りないから」
とりあえず、ありがとう。

「いい動きするよ。動くために生まれてきたんだから」
オネーサンは、ウインクして出て行った。

ほんとうに始まったんだ。
つぎはだれだ。

ぼくは、ファンタジスタをにぎりしめたまま、立ちつくしていた。
全裸で。だらーんとさせて。
 
 
III アユ編

|

« II..ツバサ編2:ツバサのヒミツ。 | トップページ | III..アユ編1 :地味めの人。 »

コメント

これから、どのようにヒトミくんが、
残りの女性達と接触していくのか、
とても興味が、わきますね。
(姉も、うなずいてます)

投稿: リン | 2007年10月24日 (水) 10時47分

うまれつきそういうセンスがあるヒトって
いるんでしょうね。

ヒトミ、やりますな。

ところでファンタジスタはナニイロですか?

投稿: もも | 2007年10月24日 (水) 19時51分

刺客はあと11人…。

なんつー壮大なエロベンチャーだ。

投稿: カミオカ | 2007年10月25日 (木) 02時08分

すご…。

漫画「東京大学物語」の小説版?みたいな。

(こーゆーたとえ方、いやがるだろうなぁ、でも、ゴメンネ)

投稿: 銀座ホステス | 2008年4月23日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« II..ツバサ編2:ツバサのヒミツ。 | トップページ | III..アユ編1 :地味めの人。 »