« I .神社編1 :エロベンチャーのはじまりだ。 | トップページ | II..ツバサ編1:あこがれのセンパイ。 »

I .神社編2 :神社でわっしょい!

「ぐむむむぐむぐぐむうくふふkydぬ」

口に、ぼくのアレをほおばったままなので、よく聞き取れないが
(お口の中って、あたたかいでしょう。わかる?)
って、いっているらしい。

「はい、わかりますぅ」
わかったらいいの、って感じで、ぼくのアレをもっと奥へ。

「いつも体温を高くしておくために、年中風邪気味にしている」
らしい。

「ぐうじずげむむぬぬりまぬまぬんきlpyぐ」
(唾液をいっぱいためて、キミのコレを泳がせながら舌でころがす)

テクニック解説つきだ。
指で、1を示している。まずは1stステップということらしい。

「ぬむるぐむむるkひぃmpsrkrpぬむむ」
(温かく包まれて、まるで羊水に浮かんでる心地でしょう?いい子ね、いい子。目を閉じなさい)

羊水は覚えてませんが、心地いいのは、わかりますぅ。安らかな気持ちですぅ。
はぐくまれるように、おおきくなってきますぅ。・・・ちからが抜けてきた、、、

「ぬぐむむぐねるつうくむむぬぬぐjskw」
(って油断させといて、いっきにくちびるで締めあげる!)

うわっ!
(これが2ndステップ)
うぐっ!血が止まったみたいな。海綿体瞬間貧血!

「むぬぐむのののむぐぐbyもmぇいんkl」
(キミのコレの先へと体中から押しよせてくる血液を止めて・・・苦しいでしょ・・・そこでまたいっきに流す!)

どどどどどどどどどどどどどどどどどどど。
ぼくのすべての知能も、すべての神経もアレに集中している。
それどころか、ぼく自身がすでに、ぼくのアレだ。
ほか肉体は抜け殻のようだ。
呼吸するのも、忘れていた。

「こぬぬぐむむにえryぬskdみおけんml!」
(これが、秘技、窒息チンプレイ失神5秒前!)

ネーミングはあんまりだが、、、お見事です!すごいです!
ぼくのからだもこころも、おねーさんのくちびるに支配されてしまっています。

指で、3を示しながら
(そろそろ佳境の3rdステップよ~ん)

こんどは、ぼくのアレに舌を巻きつけてきた。
ぐるんぐるんべろんべろんと、時計回りに360度、反時計回りに360度、先っちょのアナの割れ目(なんて呼ぶんだろ、ココ)を縦に上下上下、ちろちろぺろんぺろん。

時計回り、反時計回り、割れ目上下上下。時計回り、反時計回り、割れ目上下上下。
ぐるんぐるんべろんべろん、ちろちろぺろんぺろん。ぐるんぐるんべろんべろん、ちろちろぺろんぺろん。

ダブルダッチのロープのように、舌がぼくのアレにからみついて無限ループが続いていく。
ああ~も~も~気持ちいいよいいよいいよお!

向こうから、快感みこしがやって来た。わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!

「だぬぐくむぬmんでょ」
(もう、降参?やっぱり、腰抜けの臆病者なのかなぁ?)

アブナイ!
おかあさんのことが、かかってたんだ。

しかし、快感みこしが、わっしょい!わっしょい!快感みこしが、わっしょい!わっしょい!

あああああ。

彼女は、この小動物相手に、フィニッシュに取りかかったようだ。
舌を、これまでよりも高速回転させながら、挑発的にこっちを見上げる。
時計回り、反時計回り、縦に上下。
舌を、やわらかく丸めて、時計回り、反時計周り。
舌を、かたくとがらせて、縦に上下。
運動は、規則正しく、そして激しく。

もう、どうかなっちゃう、どうにでもなれと、意識はとびそうになりながら、なんだかなんか引っかかる。
この規則正しい動きははなんだっけ?知ってるぞ。わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!
(なんだっけ)

わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!
(そう、規則正しい、といえば,山手線!)

わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!
(そうか!まん中とおるは中央線!)
内回り、外回り、中央を、上りと下り。わかったぞ!!!

「まあるいみどりの山手線♪まんなかとおるは中央線♪」

オネーサンはプッとふきだして、ぼくのアレから口を離した。

「もうすこしだったのに、よくも阻止してくれたね」
「ごめんなさい」
「ほめてるのよ。よく見破った」
(どういうこと?)

「山手線と中央線の、かたちづくるもの。それ、すなわち、Icon2_2 陰と陽。すなわち、男と女。すなわち、セックス。その奥義は、あのCMソングにあり!」
(なんちゅう真理ですか!)

「結構やるじゃない。参加を認めざるを得ないようね、おかあさんの命を救おうゲーム大会」
(いやです。そんなバカネーミング)

「略して、おいゲー」
(しかも、略さなくっていいです)

「12人の女たちがキミに、いや、キミのアレに襲いかかるわ。みんな、美女で野獣。わたしなんて、白帯」
(おおコワ)

「あとこれ持っといて」

なんですか、このカード?
「スタンプカード。一人倒すごとに、1コスタンプを押すから」
3コごとに、エッチなマークが印刷してある。なにかもらえるらしい。

「じゃ、わたしはこれで。また来るから」
あっさり、帰っちゃうんだ。

「あ、それから」
初めて微笑んでくれた。

「けっこう、おっきいね」
顔赤くしてる。あんだけやっといて、いまさら。
ありがとう、がんばります、といいたくて振り向くと、・・・風が吹いているだけ。
彼女のいた場所には、水たまりができていた。
(なめたら、ちょっと、しょっぱかった)

いつのまにか、もう朝だ。
朝日を背にして立つぼくの影は、雄雄しくそそり立つアレに見える。
ぼくは、これから始まる日々を思い、朝日に向かい胸を張った。

つづく

|

« I .神社編1 :エロベンチャーのはじまりだ。 | トップページ | II..ツバサ編1:あこがれのセンパイ。 »

コメント

涙なくしては読めないです。
笑いなくしても読めないです。
ああ、死ぬかと思った。

投稿: あみ | 2007年10月12日 (金) 19時21分

エロ楽しいです。

これ読んで不快になる人もいるのかな。

投稿: カミオカ | 2007年10月12日 (金) 23時31分

面白いです・・・。女の人、消えて、出た液体、なんでしょっぱいんですか???姉も知りません・・・・。

投稿: リン | 2007年10月14日 (日) 17時53分

フェラテクヤバイです

投稿: | 2007年10月22日 (月) 18時56分

主人公、液体舐めんなよww

投稿: 朔真 | 2008年10月25日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I .神社編1 :エロベンチャーのはじまりだ。 | トップページ | II..ツバサ編1:あこがれのセンパイ。 »