トップページ | I .神社編2 :神社でわっしょい! »

I .神社編1 :エロベンチャーのはじまりだ。

あれから、季節が2回変わっただけなのに、10年もたったような気がする。思ってもみない筋書きと、信じられない結末だったが、いま思えば、得がたい体験だった。

あの日。
そう、すべては、あの日始まったんだ。

おかあさんがクルマにはねられた日、ぼくは駆けつけた病室で、立ち尽した。
たくさんのチューブをつながれ、ベッドに横たわるおかあさん。

集中治療室。意識不明。重体。

テレビではよく耳にした言葉。まさかこんなかたちで、現実に見ることになるとは。
ドクターに言わせると、死なずにすんでも、植物人間かもしれないって。
(植物人間ってさいしょに言った人、天才的に嫌なヤツだなあ)

「回復は約束できないよ、残念だけど」

って、ぜんぜん残念そうじゃない。

医者はいつもそうだ。アンタらには、10000分の1の命かもしれないが、ぼくにしてみたら、かけがえのないオンリー1なんだよ!って叫びたいのを飲みこんで、病院をあとにした。

もう、真夜中になっていた。

ぼくは、おかあさんが大好きだ。
うちには、おとうさんがいない。気がついたころには、もういなかった。
だから、ぼくを育ててくれたのは、ぜんぶ、おかあさんだ。
おとうさんもおかあさんも、おかあさんだったんだ。

損か得か二つあれば、人に得なほうをまわして、自分は損を選ぶ人。
どんなことも人のせいにせず、自分の努力で何とかしようとする人。
明るくて、強くて、やさしくて、尊敬している。

あんなおかあさんになりたい、って思ってた。男だけど。。。

(このへんに、神社があったな)
子供のころ、かくれんぼした神社だ。

神さまに祈る以外に、いまのぼくになにができるのだろう。
500円玉を奮発して、神様が目を覚ますくらい、思いっきり手を叩く。

パン、パン。
どうか、おかあさんを、元にもどしてください。
二人っきりの、家族なんです。
おかあさんがいなくなったら、ぼく、この世の中で、一人になっちゃうんです。
まじめに生きますから。食べものを残しませんから。
どんなときでも、どんなことでも、ガマンしますから!

「ほんとうだね」

神社の木の陰から女の人。
時刻が時刻だけに、ユーレイだ!腰が抜けた。

「やっぱりキミは、腰抜けの、ドーテーくん?」
(うるさいな、両方あたってるけど、、、でも、なんで知ってるの?とくに後半部分)

よく見ると、派手めの美人。おねーさんタイプ。170センチくらい。Eカップ以上。
霊なのに、肉体派。

「なにジロジロ見てんのよっ」
(すいません)

「あのね、ユーレイじゃないからね」
(じゃ、午前2時に肉体派がなんの用事なんだろ?)

彼女は、勉強のできない生徒にイライラする女教師のように、
「あ・の・ね、さっきから、ガマンできるのね?って質問してるの。どんなときでも、どんなことでも。神様に,半泣きで約束してたでしょ?」
(半泣きは余計だ)

「聞いてたの?」

彼女はぼくの質問を
(わたしがしゃべりたいことをしゃべる、人の話は聞かない、それがわたしの会話術)
って感じで無視して、

「それはつまり、欲望に耐えてみせるってことでしょ?ドーテーくん」
(だからあ、なんんんで知ってるんだ?)

チャンスがなかっただけだ。
高校生のときはサッカーに夢中で、女子なんか(すこししか)目に入らなかったし。
高校を出てからは、2年間世界中を放浪してたし。

テロやゲリラや毒蛇やエイズやあぶないことや、カルチャーびっくりショックの連続で、女性どころではなかったし。

「そうやって、いつも女の人から逃げてるのね」
(逃げてる?)

「それがあなたの家系」
(家系って、ほかに誰?)

「そのヒミツは、最終回で明らかになるわ」
(最終回!?)

「おかあさん思いで、やさしくて、かわいい顔して、腰抜けで、臆病者の、ドーテーくんに提案があるの」
(もういいよ!)

「こういうゲームって、どうかしら?」

彼女がいうのは、こういうことだ。
これから、12人の女性たちが、ぼくに差し向けられる。
たとえると、刺客ってヤツだ。ダイレクトにいうと、セックスしにやって来るのだ。
だれと。ぼくと。なにを。セックスを。
そう、セックスを。

「カワイコちゃんばかりよ~ん、期待してね~ん、ドーテーくんともサヨナラできるよ~ん」

でも、ひとつルールがある。
ぼくは絶対に彼女たちより先にイッちゃいけないと。ダシちゃいけないと。
口でも手でも、もちろん中でもダメだと。暴発もダメだと。即時退場だと。
かならず自分より先に、彼女らをイかせなきゃならないと。
全員を見事クリアできれば、おかあさんを元どおりにしてあげると。
(バカバカしい話。やっぱこのひと、あたまヘンだ、きれいなのに)

「あー、そんなこと、いっていいわけ?わたしは、溺れる者の、ワラ、よ。九死に一生の、一生、よ。ステアウェイトゥヘブンよ」
(天国は困るんですけど、、、)

でも、フシギな人だ。
たしかにぼくは、人生の荒海に溺れそうだ。
イレてもいいが、ダシちゃダメってこと、さすがにドーテーくん(自虐)にはそれがどんなことかわからないけど、まあ、これまで、セックスしなくてもダイジョーブだったんだから、ダイジョーブでしょ。

「・・・とか、キミ、思ったでしょう。キミ!キミ!キミ!ア・マ・イ・ヨ!それがどれだけの苦行か、ヒントくらいあげなければいけないようね」

いい終わらないうちに、彼女はぼくの手をひき、真夜中の境内の奥へ奥へと入って行き、そして、一本の太い木にしばりつけるように、ぼくの背中を押しつけた。

ダシンン!
や否や、ぼくの胸にEカップ以上(推定)をむにゅっとこすりつけながら、ジーンズのフロントのボタンを、テテテテテテと秒速ではずして、長い指を中へすべりこませて、ストライプのトランクスの上から、ぼくのアレをタマごとぐむっとにぎりしめて、ぐりんぐりんとクルミのようにもてあそぶ。

流れるような匠の技。0コンマ1の継ぎ目もない。
(あ、あ、あ、おっきくなってきた)

いつの間にかうっとり閉じていた目を開けると、
あれ・・・おねーさんがいない。
と、思ったらー下だ!一瞬のうちに彼女のくちびるはぼくのアレをほおばっていた。

秒殺。
・・・やばい・・・きもちいいいいいいいいいいいいいいいいい。

~つづく~

|

トップページ | I .神社編2 :神社でわっしょい! »

コメント

私の実母も、最近、交通事故で亡くなりました。
ちょうど、この小説の始まりと同じような内容でした。
また読ませていただきます。

投稿: 聖子 | 2007年10月10日 (水) 17時30分

拝見させていただきました。最低だけど最高です。おもしろすぎます。
ご存知でしょうが、天才です。

投稿: あみ | 2007年10月12日 (金) 02時43分

見つけました。

エロい。そしてポップ。

月並みですが、続きが楽しみです。

投稿: カミオカ | 2007年10月12日 (金) 02時59分

肉感お姉さん、すげえ・・・。

投稿: リリ | 2007年10月14日 (日) 15時07分

・・・・。面白かったです。どうやって考えたんですか・・・。

投稿: リン | 2007年10月14日 (日) 17時48分

ネットを散歩してたらここへたどり着く。まずまず安心と思い書き込む!それにしても近頃の小説はこんなにダイレクトなんかなァ
続きを見せてもらいます。

投稿: トシ | 2007年10月20日 (土) 08時48分

これはひどい。
母親が死ぬか生きるかという時に何と言う不謹慎さ。
主人公は母親の事が大好きだ、なんて抜かしているけど嘘だね。

これを面白いと言っている人、もう一度冷静になって最初から読んだほうがいいよ。

投稿: M | 2007年11月17日 (土) 23時04分

これ おもしろい ココログ小説はじめようかな

投稿: Sさん | 2007年11月25日 (日) 20時41分

読み返してみると、第一話から大きな伏線が。すごいな。

投稿: | 2008年2月28日 (木) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | I .神社編2 :神社でわっしょい! »